光ケーブルの接続方法としては融着とコネクタ接続という方法があります

様々ものに使われている光ケーブルですが、光ケーブルは通信ケーブルとして活躍しています。
光ファイバーという光を通して通信しているものを何本も束ねて、それをシースで保護し一本にまとめているのが光ケーブルといいます。
その光ケーブルを接続する方法として融着という方法とコネクタ接続という方法があります。
一般的にはコネクタ接続を使った方法になりますが、コネクタにも数種類ありまして、主流になっているのがSCコネクタとLCコネクタというのがあり、GBICとSFPという電気信号を光に変えてくれるものに接続して、光ケーブルを使うようになっています。
光ケーブルは一般家庭ではインターネット通信に使うのが主になりますが、外に行くとATMでも使われていたりするんですよ。
光ファイバー対応プロバイダのソネットは?【エンタメに強い】